カットして避妊を | 望まない妊娠を回避するために、しっかりとした避妊を行おう

カットして避妊を

薬のビン

性行為を行う際、相手の避妊が云々、自分の避妊が云々……という風に考えるのは面倒くさい!そんな事一切考えずに性行為をしても、相手を避妊させないような避妊方法はないのか!という風に思っている人も非常に多くいるでしょう。
そのような人は、避妊方法の中でもほぼ100%の避妊成功率を誇る、ある意味究極の避妊方法である「パイプカット」と呼ばれる避妊方法を知っておきましょう。

このパイプカットと呼ばれる避妊方法がどのようなものなのかというと、体内に存在している精子が通る管を外科手術によってカットする、もしくは外科手術用の糸を使用して縛り、精子が精液内部に混入しないようにする、という方法です。
この方法を選んだ場合、精子の通り道を物理的な方法でなくす、もしくは通れなくするため精液内に精子が混入することが無くなります。
そのため、この避妊方法は避妊成功率100%を誇る避妊方法である、と言われています。

ですが、このパイプカットには非常に大きなデメリットが存在しています。
そのデメリットというのは「後戻り出来ない」というものです。
パイプカットを行った場合、物理的手段で精子の通り道がカットされる、もしくは塞がれるため、再度元に戻そうと思っても戻すことが出来ない、もしくは戻すことが難しいと言われています。
そのため、パイプカットを行った場合、やっぱりもう一人子供を……と思っても、子どもを作ることが出来ない体になってしまうのです。
なので、パイプカットを行う際にはパートナーときちんと話し合いを行い、その上で行うようにしましょう。